顔の脂漏性皮膚炎にステロイドを使っても効かない?悪化する?

脂漏性皮膚炎情報

 

脂漏性皮膚炎の治療には

ステロイド外用薬や抗真菌薬を使って

治療するのが一般的ですね。

 

ステロイドは、たちまちの炎症を

抑えるように処方されますが、

医師の処方であっても長期使用は

副作用(リバウンド)があるのでおすすめできません。

 

ステロイド外用薬は、炎症を抑える効果が高いため

短期間で効果を実感しやすいですが、

症状の元になる原因を解決するわけではないので、

やめると症状が余計にひどくなって

苦しんでいる人もたくさんいます。

 

ですので、病院でもたっらステロイドもですが、

ましてや自己判断で薬局やドラックストなどで

購入し使用し続けるのには危険があります。

 

※病院で処方される場合は

部位や症状によって使い分けるようにしてくれ、

特に顔や首などは特に皮膚が薄いため、

弱めの薬が使われるのが一般的です。

 

ただ脂漏性皮膚炎に悩んでいる人の中には、

ステロイド外用薬を使っても効かない、

悪化してしまったという人もいます。

 

確実に変化がない場合や

悪化しているのであれば、

薬との相性が悪いことが考えられますし、

 

そもそも効果を感じないのであれば

使う意味がありません。

 

そんな場合はすぐに利用を中止して

医師に相談したほうが良いです。

 

また最初にも言いましたが

ステロイド外用薬は、その時の症状を

抑えるだけで根本的な解決にはなりません。

 

なのでステロイドの利用を止めてしまうと

脂漏性皮膚炎の症状が

ひどくなったという方もいるので

気を付けて使ってくださいね。