顔の脂漏性皮膚炎にニゾラールクリームが効かない場合は

塗り薬 脂漏性皮膚炎情報

 

顔の脂漏性皮膚炎の治療に

ニゾラールクリームを処方され

続けているけどちっとも良くならない・・・

 

そんな場合は薬が合っていないのかも。

 

接触皮膚炎(肌荒れ)や

赤みが出るなどの副作用あるそうですので

変わらない場合や悪化したと思われる場合は、

すぐにお医者さんに相談した方が良いですね。

 

そもそも塗り薬には、

薬の有効成分を肌に届けるために

肌バリアを壊す成分(界面活性剤)が

配合されていますので

 

肌バリアが壊れてしまっている

脂漏性皮膚炎の肌には過酷ですね。

 

ニゾラールクリームは真菌を殺菌する

お薬なので副作用などもありますが

マラセチア菌のような悪い働きをする

菌を減らす方法は薬でなくても

こちらでできます。

 

完全無添加なので副作用の心配もなく

よい働きをする善玉菌には

何の影響もないので安心です。

 

善玉菌は、皮脂や汗、古い角質を食べ肌を守る潤い成分を作り出し、水分蒸発を防いだりマラセチア菌のような肌に悪い影響を及ぼす雑菌や悪玉菌が増えすぎないように肌のPHを弱酸性に保つ働きをしています。

 

保湿も兼ねていますのでとても便利ですよ。