脂漏性皮膚炎の皮脂過剰を抑えるには

スキンケアについて

 

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌が原因です。

 

マラセチア菌は、皮脂過剰によって

増えすぎてしまいます。

 

症状としては、眉間や小鼻、顎など

皮脂が多く出る部分が赤くなり

痒みが出たりフケ上の皮が落ちたります。

 

眉のフケが落ちて気になる方も

いるのではないでしょうか。

 

皮脂の過剰分泌の原因と抑え方

 

皮脂の過剰分泌は

生活習慣や食生活も関わりますが、

間違ったスキンケアが一番の原因です。

 

間違ったスキンケアとは、

洗いすぎ、つけすぎです。

 

洗いすぎることで、

汚れや酸化した皮脂だけでなく、

保湿成分を作り出してくれている

善玉菌を減らし過ぎてしまっているからです。

 

そのうえ保湿に使う化粧品には、

使用感を良くするためや

安全性を確保するため、

 

界面活性剤や防腐剤などの化学成分を

配合しているものが多いです。

 

そうした成分は、肌に負担がかかるだけでなく

減ってしまった善玉菌が増えずらくなります。

 

善玉菌が減ってしまった肌は、

保湿成分が作られず乾燥を招くと同時に、

皮膚常在菌のバランスが崩れ悪玉菌の

繁殖しやすい肌になってしまいます。

 

ようするに悪循環ということです。

 

このように、皮脂が過剰に分泌するのは、

善玉菌が減ってしまい天然の保湿成分(バリア)

が作られなくなってしまっているから。

 

単に保湿をすれば

皮脂の過剰分泌を抑えられるのではなく、

善玉菌を減らし過ぎない洗顔や

善玉菌を増やすことで、

自然に肌が潤い皮脂分泌も正常になります。